ヒールオゾン治療例

ヒールオゾン治療例(C1初期虫歯)41歳男性

家の近所の歯科医院で、虫歯の治療をしていたのですが、先日治療が終わった際に、左上の奥から2番目の歯も虫歯になっていると指摘されました。

そして、虫歯を削って銀の詰め物をする治療を勧められました。

でも、今回受けていた治療も、かなり歯を削って大きな銀の詰め物をしたのですが、削った後に、最初はなかった違和感がでて、それが治るのに随分と時間がかかってしまったのです。

それに、虫歯と指摘されたわりには、痛みやしみは全くありません。

そこで、歯を削らないで虫歯を治せないものかと、来院されました。

拝見してみると、確かに噛み合わせ面が黒くなっていたのですが、虫歯の深さを測るダイアグノデントと呼ばれる機器で調べてみると、初期虫歯の状態でした。

そのため、歯を削らないで虫歯を治すヒールオゾン治療を行いました。

歯を削らない虫歯治療ヒールオゾン41歳治療例

ヒールオゾン治療例

ヒールオゾン治療例(C1初期虫歯)12歳女性

娘が学校の検診で虫歯を指摘されたため、家の近所の歯科医院へ受診したところ、噛み合わせ面の溝が虫歯になっていると言われました。

そして、虫歯の部分を削って、プラスチックの詰め物をする必要があるとも言われました。

しかし、自分自身も今まで虫歯と言われて、虫歯を削って詰め物をしてきたのですが、治療した部分の詰め物が外れて、また歯を削ってさらに大きな詰め物をするような経験をしてきたため、娘の歯はできるだけ削りたくないと思っていたのです。

そのため、歯を削らない虫歯治療を希望されて、受診されました。

そこで、ダイアグノデントで虫歯の進行度を検査をしたところ、C1と呼ばれる、まだ初期虫歯の段階でしたので、歯を削らないで虫歯を治すヒールオゾン治療を行いました。

歯を削らない虫歯治療ヒールオゾン12歳治療例

ヒールオゾン治療例

ドクター天野への相談はこちら