歯を削らない神経を抜かない虫歯治療の治療例

ヒールオゾン治療例

歯を削らない神経を抜かない治療

家の近所の歯科医院で、虫歯の治療をしていたのですが、先日治療が終わった際に、左上の奥から2番目の歯も虫歯になっていると指摘されました。

そして、虫歯を削って銀の詰め物をする治療を勧められました。。。

カリソルブ治療例

歯を削らない神経を抜かない治療

虫歯になりやすい体質らしく、今まで前歯にたくさんの虫歯ができて、そのたびに虫歯を削って、プラスチックの詰め物を入れられてきた方です。

他院の歯科検診で、詰めているほとんどすべてのプラスチックの詰め物の下が虫歯が再発している事がわかり、詰め物のやり直しを提案されました。。。

ドックベストセメント治療例

歯を削らない神経を抜かない治療

他院での歯科検診で、レントゲンを撮ったところ、左上の糸切り歯の隣の歯に大きな虫歯が見つかった方です。

その歯科医院では、虫歯が大きく神経近くまで進行しているため、神経を抜く治療になると言われました。。。

ホワイトスポット治療例

歯を削らない神経を抜かない治療

上の前歯の1本にホワイトスポットがあり、気になっています。

ホワイトスポット自体は、小学生の時からあるのですが、子供の時にはあまり気になりませんでした。

しかし、大人になると、なんだか白濁が濃くなったようで、歯を出して笑うとかなり目立ちます。。。

ウェルデンツ治療例

歯を削らない神経を抜かない治療

C4のむし歯は、歯冠の大部分が崩壊してなくなった状態で、抜歯適応のむし歯です。

抜歯後の歯を補う方法として、一般的な治療法は、ブリッジ、インプラント、入れ歯がありますが、どれも歯を削ったり、手術が必要だったり、使い勝手が悪かったりと、欠点もあります。

歯を削らないブリッジ治療は、それらの問題を解決した治療です。

ドクター天野への相談はこちら